掃除を効率的に済ませる方法!

>

物が増えれば掃除も複雑に

いらない物は捨てる

物があると、その物の分だけ手入れをしなければならなくなります。

たとえば、置物が1つ増えれば、置物のホコリを払わなくてはならず、また、置物がある台を掃除するにも置物を持ち上げてから拭かなくてはならなくなります。
洗面所に使っていない化粧品が大量に置いてあれば、洗面所掃除の際にはそれを退けないといけなくなります。
物が多すぎて収納家具を増やせば、その収納家具の掃除がいるようになります。

生活を豊かにするはずの物によって、家事の手間が増えてしまうのは、あまり正しい姿ではありません。
ただもったいないから、という理由だけで取ってあるような不要な物を整理してみてはいかがでしょうか。
障害物の少ない部屋は、掃除機をかけるにも拭き掃除をするにも楽ちんです。

物が正しい場所にあるか

掃除をするにあたって、物が正しい位置に置かれているか確認することも大切です。

たとえば、掃除機が取り出しにくいところにあったら、掃除をするのが億劫になります。
掃除用品が対応する掃除場所の近くにあるか、よく見てみましょう。

また、正しい位置に置くべきなのは掃除用品だけではありません。
全ての物が、使いやすく汚れにくい場所にあるかチェックしてみてください。
ホコリが溜まりやすい位置に人形が置いてあったり、水垢が溜まるところに化粧品の瓶が置いてあったりすると、汚れがつく早さが倍増してしまいます。
お風呂にカミソリを置いたりするのも、一見使いやすそうに見えて、サビや菌の発生を促してしまう行為です。
物の定位置を考えて、常にベストな配置になるよう心掛けましょう。