掃除を効率的に済ませる方法!

>

掃除が億劫になる原因

「使う」と「綺麗にする」をセットにする

ご家庭で掃除を効率的にする方法として「掃除という意識をなくす」ということが挙げられます。
私たちは毎日歯を磨きますが、これら習慣となっているため、もはや大した疲労を感じることはないと思います。
同じように、掃除も毎日の習慣にすれば、さして苦もなく行うことができるのです。

会社で仕事を終えた後、デスクをそのままにして退社する方は少ないと思います。
なぜなら「デスクを片付けるまで」が仕事だからです。
同じように、トイレを使ったら水を流す前にトイレットペーパーでトイレ周りを拭いたり、洗面所を使ったら水滴を拭くようにしてみましょう。
どちらも水垢になってしまったら掃除に10分前後かかる場所ですが、使った直後なら数秒で済みます。

長時間過ごす場所・時間のかかるところ

トイレや洗面所などは1日の内に数回しか使いませんが、リビングなど長時間滞在する場所はどのようにしたらいいのでしょうか。

方法としては、手の届くところにコロコロクリーナーやハンディ掃除機を置いておくというものが挙げられます。
髪の毛が気になったときや、食事などの汚れるイベントがあった後に、これらでサッと数秒床をなぞれば大まかなゴミが取れます。
全体的に掃除機をかけるよりかは簡易的になりますが、それは時間があるときにやればいいのです。
「最低限」を決めて、それだけは守るようにすれば、少なくとも大きな汚れは残りません。

また、数秒では掃除が難しいのがキッチンです。
油汚れがついたコンロや食べ物の残りカスなどが散ったキッチンは、1日の掃除の中でもかなり強敵です。
食器を洗って家事の勢いが残っているうちに、なるべく間をおかずに掃除しきってしまいましょう。