掃除を効率的に済ませる方法!

掃除を効率よく済ませる方法

掃除が億劫になる原因

ついた直後の汚れは、水やティッシュでも簡単に落とすことができます。 それも、こまめに行なえば数秒から1分程度で済みます。 汚れとは無縁の生活を送るために、どんなに忙しい方でもできる、簡単な掃除の方法についてまとめました。 掃除に対する苦手意識をなくしましょう。

1週間の掃除スケジュールを決める

ワンルームならまだしも、それより広い家に住んでいる方が一度に家中を掃除するのは大変です。 先ほど「使った後にすぐに掃除する」という簡易的な掃除をご紹介しましたが、どうしてもそれでは取りきれない汚れが出てくることもあります。 そこでおすすめなのが、曜日ごとに掃除する箇所を決めておくことです。

物が増えれば掃除も複雑に

自分が管理できる量を超えた物を持ってしまうと、当然管理できないわけですから、徐々に家が汚れてしまいます。 「1か所掃除するのに時間がかかる」という方は、そこにある物の量が多すぎるのかもしれません。 掃除をしやすくするために、物を整理することも大切です。

数秒でOK!使ったらすぐに掃除

「掃除が嫌い」という方や、「掃除に時間がかかる」という方は多いと思います。
掃除が苦手になってしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

一番ありがちなのが「汚れを溜めに溜めて、一気に掃除をしようとする」というパターンです。
1日分の汚れを落とすのと、1か月ぶんの汚れを落とすのでは、労力に大きく差があります。
「どうせ拭き掃除するなら1か月分をまとめて1回でしよう」と考えてしまうと、掃除する時点ではとっくに汚れがこびりつき、雑巾はすぐに真っ黒、強力な洗剤でないと落ちない…ということになってしまいます。
これでは、一度に目にする汚れの量が増え、掃除と聞くだけでその汚れを思い出し、気分が悪くなってしまいます。

また「一気に家中を掃除しようとする」のも、掃除に対してハードルが上がりがちです。
完璧主義の方に多く、1か所綺麗にするなら他も綺麗にしたい、と1日でできるだけ多く掃除しようとしてしまい、結果「掃除は大変な重労働だ」と思うようになってしまうのです。

最後に、単純に「掃除する箇所が多い」という方もいらっしゃいます。
「お子さんやペットが汚してしまう」という理由なら仕方ないのですが、キャパシティーを超えた量の物を持っているなど、改善できる理由のこともあります。

これらを改善することによって、掃除を効率的にできるかもしれません。
このサイトでは、掃除に対する苦手意識を取り除き、効率よく掃除をする方法についてご紹介していきます。